2017/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
腎不全 蕁麻疹 舌痛症
なかなか忙しく更新もおろそかになっていました。

腰痛や頚椎ヘルニアの患者さんは相変わらず多くいらっしゃいますが、
それ例外で、高麗手指鍼ならではの効果、というと蕁麻疹の患者さんと舌痛症の患者さんでしょうか。

蕁麻疹の症例は比較的多く、10回前後でほぼ完治の患者さんが多いですね。

舌痛症に対しては、治療法は比較的基本的です。舌の相応部位に多針、五知処方に工夫の余地があります。

さて、腎臓病の患者さんですが、かなり重症の方がお見えになります。
症状が出にくいのも特徴なのでしょうか。

関西からお見えになられた患者さんは、わずか2日の治療でしたが、クレアチニンも落ちて(僅かですが)、肝炎の数値も改善されましたね。
関西の先生にバトンタッチしたのですが、私の生徒ではないので、細かいアドバイスができないのが歯がゆいですね。

生徒でなければ、独特の治療法というのはすぐには伝わらないものです。
早く、全国に腎臓病治療のネットワークを作りたいと思いますね。
それには、患者さんより「鍼灸師」の先生が当院に来なければならないと思います。
スポンサーサイト
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。